大阪のパリ

中崎町にある、オリビエ・ル・フランソワ。梅田なのに、パリ。
パリ好き、フランスかぶれの私にとって、大興奮する要素がたっぷりです。

ここは2回目。以前はクリスマスディナーをいただきました。その時もとても美味しかったです。

赤を基調として店内は本当にパリにいるみたいで、気分が盛り上がります。
b0168840_21393336.jpg


まずキスのサラダ?名前を言ってくれましたが、忘れてしまいました。
アボカドのディップにナス。複雑な味でとてもおいしい。魚はあまり好きではないですが、
キスもおいしく、ディップをつけたりして味の変化が楽しめました。
b0168840_21441595.jpg

次にトマトのスープ。これは夏の味。濃い味ですがハーブがとても効いていて、美味しかったです。
b0168840_21454927.jpg

メインは、牛すね肉のポトフ。ル・クルーゼのお鍋に二人分。取り分けてくださいとのことでした。
ポトフは家でも作ることはあるけれど、全然違いました。スープも飲みたかったけど、スプーンが
なくなっていて、できず・・・
b0168840_21535884.jpg

いよいよデザート。黒板ボードのメニューを持ってきてもらい選びますが、どれもこれも気になる・・・
でも私はブランマンジェが大好きなので、すぐ決定。Kはティラミス。
b0168840_220569.jpg

b0168840_2212245.jpg

おいしすぎる~!

お店の人に、ティラミスの写真を見せたところ、「上手ですね!」と言ってくれて、
とても調子に乗ってましたが、実際はワインのせいかピンボケだらけ・・・残念でした。
by naka-chang | 2009-07-26 22:06 | カフェ・レストラン
<< 龍坊・・・ 月ヶ瀬のあんみつ >>